カスタマイズハウス

ウルティマオンライン(Ultima Online)というMMORPGにおいて、2019年8月16日(第15期)から北斗シャード・ブリテイン首長(The Governor of Britain)を拝命しております。
---------------------------------------------------------------------
(おねがい)
引用・転載の際はご連絡願います。知り合いでしたら事後でも構いません。
ブログ容量の関係で、第15期ブリテイン首長立候補表明以前の記事を非表示にております。何卒ご容赦ください。

7x7限定カスタマ内装コンテストに応募しました。

ツイッターで交流のある方(下記HPに主催者のお名前が出ていなかったようなので匿名にしておきます)が、「7x7限定カスタマ内装コンテスト」を開催されるとのことなので思い切って参加することにしました。
詳細はこちらのHPを見てください。要するにどのシャードでもいいので、7×7のカスタマイズを作って応募しましょう!ということです。
主催者と審査員は飛鳥の方なのですが、非常に面白そうなプレイヤーイベントなので、シャードを超えて参加します。

北斗民の代表?として、気合を入れてやりますよ。

§

まずはコンセプトを決めます。

他の参加者とかぶらないものがいいのですが、もちろんそんなのはわかるはずもなく…。
そんな折、ふと京町家のことを思いだしました。7×7でどこまで表現出来るかわからないのですが、一応完成しました。

名前は「Historic Inn in Zento」です。老舗の禅都の旅籠のコンセプトです。


外観

応募作品・外観新

外観は京町家らしく、出しゃばらず周囲との調和を第一にしました。京町家は隣家との強調が大切です。
格子戸や犬矢来、ばったり床几も表現し、一階の屋根の上には宿屋の看板、照明のランプと鍾馗さん、更に“うだつ”も設置しています。

になるとまた景色は一変します。

応募作品・外観新・夜

ぼうっと柔らかな光が、歩き疲れた謎の旅人を誘います。暖簾をくぐって中に入りたそうですが…?


更に深夜になると…

UO6100

とっぷりと日が暮れた深夜ですが、旅籠にはうっすらと明かりが灯っています。
今宵の宿にあぶれた派手なマントを着た部族鍛冶屋も、なんとかここに泊まれるようですね。


§

一階内部

応募作品・1F新

一階内部は京町家らしく、中央奥に坪庭を配置しました。苔むした石や泳ぐ魚がいます。北西には武者鎧と屏風があります。更に北東にはお仏壇とご先祖様の遺影があり、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
南東には畳敷きの一室があり、冬は炬燵、夏は座卓として使用します。旅人にはお茶が出されて一息つけることでしょう。
南の格子戸は開けることができ、一服しながら外の風景を眺めることも出来ますよ。
ところで謎の部族鍛冶屋はどこからお茶を飲むんでしょうか…?


さて、になると…

UO6098

旅籠の内部は薄暗くなっています。部族鍛冶屋もいつまでもお茶を飲んでいないで廊下から自室に戻ったほうがいいと思いますが…。

深夜になると、、、

UO6101

仏壇のお灯明が橙色に光っています。部族鍛冶屋はどうやら眠れないようです。

§

二階

応募作品・2F新

二階は旅人が宿泊する部屋です。床の間に飾られた立派な赤い鞘の刀、北西の鏡台や箪笥の上の花瓶や花も風情を感じさせます。
更に廊下からは外を眺めながら一杯やれるようですよ。


さて、になると…

UO6099

廊下には煌々と明かりが灯り、美味しそうな寿司やお酒が置いてあります。紫色の座布団に座ってゲイシャガールで目の保養でもしているのでしょうか?
…と思いきや、謎の部族鍛冶屋は鏡台に向かって何やらゴソゴソと。


更に深夜になると、、、

UO6102

鏡台の近くに布団を敷いて寝る準備…をしているのかと思えば、部族鍛冶屋はこんな時間まで飲み食いしている様子。
この後、泥酔して大声で歌い始め、二階から外に転げ落ちたそうです!


§

…とまあ、こんな感じでナレーションをつけてみました。

旅人RPではないですが、設定をつけてみるとカスタマイズハウスも更に味が出てきます。
この部族鍛冶屋はおっちょこちょいのガサツ者なのでこんな感じですが、洗練された皆さんは粋にこの旅籠を楽しんでいただけると思います。

皆さんもよろしかったら是非一度お運び下さい。

場所はTC1のトラメル。
座標129°55'N , 89°0'E です。(メガストア様感謝)

UO6062


こちらの城の土台に7×7が鎮座しています。

入り口にゲストブックも用意してありますので、ご感想などもよろしくお願いします。

ではこれにて。

第2回砦カスタマイズハウスコンテスト導入デザインチェック ③遥かなるシテデル

さて、独断と偏見過ぎるカスタマイズハウスチェックの第2回です。
画像はHousing@UOさんからお借りしております。改めて御礼申し上げます。

②遥かなるシテデル
価格:29,036,250GP


外観・屋上

画像はHousing@UOさんへのリンクでご覧ください。


Roger's Eye

良い点
●「砦を建てたんだぞ」という満足感のある、荘重なデザイン。
●圧倒的な存在感を醸し出しつつも、豆腐感を抱かせない。角々を丸くしているのが功を奏した感じ。
●稜堡式城郭とまでは行かないまでも、四稜郭のような四隅の堡塁がいい味を出している(UOで稜堡式城郭を再現するのは不可能に近い)。
●入口の3Fまで釣り上げられた落とし格子の存在感は圧倒的。画像を拡大する限り、2枚の落とし格子があるように見えるが、実際の落とし格子のように、滑車で吊るして片方を落とすと片方が上がる構造までは再現していないのだろうが。
●その落とし格子の上部にあるハングオーバーしたパーツも味わい深い。
●東側に抜け道的な階段や通路があるのも興味深い。“カリオストロの城”にもこういう脱出口がありそうな気もする。1マスと狭い辺りが「いかにも」という感じ。
●屋上の周囲も単調な壁ではなく、所々柵にしてあって、作者が手抜きをしていないことがわかる。
●東南の板敷きのバルコニーがアクセントになっている。更に板敷きから屋上に上がる南向きの階段が珍しくて面白い。

要望点
●はしごマニアとしては、はしごが活かせるデザインとは言いづらい。


1F




Roger's Eye


良い点
●エントランスホールのタイルアートに上品さを感じる。そこからドアなしで左右奥の部屋に繋がっているのも興味深い。
●南西にある2Fへの階段へストレスなくアクセス出来るように、真ん前から入れるのはうれしい(正面玄関から回り道をするのは結構ストレスになる)。
●砦の広さを活かした、広大な敷地感。
●東南角、南西角の丸くした壁はモンスター等の視線が通ってしまうが、二重壁にすることで解決している。この細かい配慮には敬服する。

要望点
●奥の広い空間の床は土間なのか…?居住スペースにするにはちょっと殺風景で寒い印象がある。内側だけ砂岩にして暖かい印象にしても面白かった。
●中世の城砦はこのような感じが多いので、別段おかしなわけではない。
●南東角からも外に出られるようにして欲しい。



2F




Roger's Eye

良い点
●文句なしの広さ。従来の砦の使いづらさを一掃出来ている。タワーの屋上を更に広くしたような爽快感すら感じる。
●1Fから2F、2Fから3Fへと一気に駆け上がれる階段がストレスを感じさせない。カスタマイズハウスでは階段の位置を一定の箇所にしていないものがあるが、これはオーソドックスに一箇所にまとめており好印象。
●階段部分は装飾窓にしてあるのも芸が細かい。
●東側に1~2マスのバルコニーを発見。どこに繋がっているわけでもなさそうだが、こういう遊び心はうれしい。
●東南角、南西角の丸くした壁はモンスター等の視線が通ってしまうが、二重壁にすることで解決している。この細かい配慮には敬服する。


要望点
●東側の階段へのドアは2マス分欲しい気もするが、あえて避難階段風にしたのかもしれない。



3F




Roger's Eye

良い点
●なんと言っても東南角のバルコニー。室内側からバルコニーに出る部分に門状の装飾アーチがしてあるのが心憎いし、優れたデザイン能力を感じさせられる。
●全体が石造りなので、板張りのバルコニーにいると息抜きになる。
●こちらも文句なしの居住スペース。

要望点
●3Fから2Fへ降りる階段が別の箇所にもう一つぐらいあっても面白かったのでは?



総括

正面の落とし格子が圧倒的な存在感を放ち、外見は重厚で峻厳な砦然としているが、板張りバルコニーのおかげで堅苦しいだけの建物ではなくなっている。
モンスターの視線が通る丸いパーツを、二重壁にすることで解決しているなど、細やかな配慮が行き届いている。
旧砦が無駄の塊、ストレスの塊であったので、なおさらこのストレスフリーなデザインが良く見える。現代の砦は居住性も兼ね備えなければならないのだ。
外の緑化部分が少ないのは気になるところだが、妥協できる範囲ではある。
「外見はいかにも砦なのに、内部は快適」という良い所どりのデザインになっている。
もう少し遊び心がある箇所が欲しかったが、あまり奇をてらうと利用者を選んでしまうし、これぐらいで良かったかもしれない。
タワーに住んでいた経験がある私にとっては、全てのフロアがタワーの屋上にいるような広さを感じる。 
アメリカ東部標準時
 サマータイム:2020年3月8日~11月1日2:00まで
筆者近影・受賞歴

Roger Bacon V

第15期・第16期・第17期・第18期ブリテイン首長 , Governor of Britain

Royal and noble ranks
… ブリテイン侯爵 , Marquis of Britain

Skill Titles
…Legendary Blacksmith
…Legendary Tailor
…Grandmaster Miner
…Grandmaster Tinker
…Grandmaster Carpenter
…Elder Mage
…Legendary Mystic
…Legendary Tamer
…Legendary Naturalist
…Grandmaster Veterinarian

Subjugation Titles
…Hero of Minoc
…Destroyer of the Time Rift
…Dinosaur Hunter
…Seeker of the Fallen Star
…Prophet
…Zealot of Khal Ankur

Events Titles
…7x7限定カスタマ内装コンテスト 優秀賞 (2020.3)
…Trader
…Exporter
…Broker
…Tycoon
…Magnate
…Astronomer
…Punisher
…Naughty
…Nice
…ブリタニア図書館貢献賞
…Historian
…Defender of Eodon
…Defender of Myrmidex
…Flame of the Jukari
…Ambusher of the Kurak
…Trooper of the Barako
…Thunder of the Urali
…Herder of the Sakkara
…Colonizer of the Barrab
…Ensign
…Commander
…Captain
…Powder Monkey
…Botswain
…Sailing Master
…Quartermaster

Production Titles
…Weaponsmith
…Armorer
…Haberdasher
…Mechanic
…Fixer
…Builder
…Craftsman
…Dressmaker

Veteran Titles
…Explorer of Darkness
…Avenger of the Enchantress
…Slayer of Exodus

Champion Titles
…Blight of the Cold Blood
…Bane of the Arachnid
…Assassin of the Abyss
…Foe of the Abyss
…Eradicator of the Vermin Horde
…Subjugator of the Vermin Horde
…Adversary of the Vermin Horde
…Punisher of the Unholy Terror
…Scourge of the Unholy Terror
…Challenger of the Sleeping Dragon
…Rival of the Sleeping Dragon

and more...

Caution
※個人に対する誹謗中傷の類を目的とした匿名掲示板等への当ブログの引用・転載・リンクは固くお断り致します。
お世話になった方々
ひよこギルドHP(残骸)

nanntyatte
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
  • ライブドアブログ